1Password (4)使い方・設定(Mac編)


password

geralt / Pixabay

1Password (3)インストール・初期設定(Mac編)の続きをお届けしますね。

今回は、Mac で行う、1Password の使い方と設定です。

前回の記事はこちら。

1Password (3)インストール・初期設定(Mac編)、Windows編の続き
1Password のインストールと初期設定のMac編!これがあれば、WindowsとMacを併用するのも、苦にならない!?

Windows で事前に設定している場合は、だいぶ楽ですね。
とはいえ、Windows と Mac を併用する人は少数派なので、いずれ、Macで、本当に新規にインストールするところからの初期設定についても記事にしようと思います。

早速いきましょう!

1Password の使い方

まず、上のメニューバーにある、1Password Mini にアクセスしますよ。

1password-login

↑マスターパスワードが聞かれますので、入力しましょう。

1password-login2

↑ログインできるとメニューが表示されます。

1password-menubar1

↑Chromeのブラウザを使っていて、1Passwordの機能拡張を使ってなければ、追加を促すメニューが表示されますよ。

1PasswordChromeExtensions

↑クリックすると、1Password の拡張機能のインストールページに飛びます。

「検索(Search 1Password)」よりアクセス

検索キーワードを入れてログインしてみましょう!

1password-search1

↑「Search 1Password」という欄に入力すると、下にすぐ検索結果がでてきます。

1password-search2

↑アクセスしたいメニューを選択すると横に詳細が表示。クリックしてみましょう。

1password-search3

↑アクセスしたいページが表示されて、ID(ここではユーザー名またあメールアドレス)とパスワードが自動で入力されてます!

1password-search4

↑ログインまで自動で行えました!

ページによっては、IDとパスワードがログイン画面で自動入力されますが、そこでストップして、自動でログインできないページもありますよ。

「ログイン」よりアクセス

「ログイン」のメニューよりアクセスしてみましょう!

1password-menubar2

↑ここでは、「Lenovo Partner」というページへのログイン操作です。

1password-menubar-web

↑目的のページ、「Lenovo Partner」ページにアクセスできました!

1Passwordの設定

では、1Password の設定を順次、見ていきましょう!

1password-open

↑1Password を開きます。

1Password-open1

↑1Password の設定画面が表示されました。

ログインの情報が、アルファベット順、ひらがな(カタカナ)順に並んでいます。

Dock(ドック)に1Password のアイコンも表示されるので、頻繁にアクセスするなら、Dock に追加しておいた方がいいですね。

1Password-favorite1

↑該当のログイン情報を「お気に入り」のメニューに表示したければ、「お気に入り」として登録

1Password-favotite2

↑左側のナビにある、「お気に入り」に追加されます。

カテゴリー・リスト

1Password-secure-note1

↑続いて、「セキュアノート」を選択

1Password-secure-note2

↑例えば、「無線ルータ」をプラスボタンから選択すれば、こんなふうに詳細な情報を保管しておけます。

1Password-secure-note3

↑これは、「銀行口座」のセキュアノート。色々確認してみてくださいね。

1Password-creditcard1

↑続いてのカテゴリーは、「クレジットカード」。クレジットカードとして登録されたものがあれば、表示されます。

1Password-private-info1

↑カテゴリー:「個人情報」

1Password-license1

↑カテゴリー:「ライセンス」

セキュリティ検査

1Password-security-check1

↑「セキュリティ検査」というメニューでは、以下のことが確認できます。

  • 複雑でない、ハッキングされる可能性のあるパスワード
  • 全く同じパスワードが複数のページで使われている状態
  • パスワードが使われている期間

あと、「セキュリティ検査」の中に、意味が分からない用語が「Watchtower」がありますよね。

以下のようなサイトに詳細は書かれていますが、「Watchtower」とは、「OpenSSL脆弱性の対策ができるもの」。意味不明~

簡単に解釈すると、セキュリティの弱いページか、対策しているか、をチェックできる機能です。

4月に発覚したOpenSSL『Heartbleed』脆弱性。最近では話題が沈下し記事にならなくなったからと言っ…
AgileBitsのパスワード管理ソフト「1Password」のMac版に、同社が4月16日に開始したHeartbleed対策サービス「Watchtower」が組み込まれた。1Passwordで管理しているWebサイトのログイン情報で、すぐにパスワードを変更すべきログインを確認できる。

有効にした方がいいでしょうね。

まとめ

Mac 編、いかがでしたか。

こうしてまとめていると、私自身も、すごーく機能を理解できるんですよね。

腹に落ちるとはまさにこのこと。

これからも、1Passwordに限らず、色々なツールを、Windows と Mac 向けに、分かりやすく、解説していきますよ!

連載目次:1Password のインストール・使い方・設定

  1. 1Password (1)インストールと使い方、設定(Windows編)
  2. 1Password (2)アプリのインストール・使い方・設定(iOS編)
  3. 1Password (3)インストール・初期設定(Mac編)、Windows編の続き
  4. 1Password (4)使い方・設定(Mac編)
  5.   

  6. 1Password (5)詳細設定について(Windows編)
  7.   

  8. 1Password (6)ブラウザでシェアエクステンションを設定、簡単ログイン(iOS編)

番外編

  1. 1Password の Dropbox 同期エラー解決策(iOS / iPhone版)
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)