【Facebook】 アカウント乗っ取り対策、2段階認証の設定方法(iOS版)


Alexas_Fotos / Pixabay

Facebook をはじめとした、SNS アカウントの乗っ取り被害が、身近な人からも時折り、聞こえてきます。

そこで今回は、Facebook における、2段階認証の設定方法を解説します。

iOS版(iPhone や iPad が対象)をお届けしますが、Android 版でもたいして変わらないので、Android のスマホを持っている方も、参考にしてくださいね。

アカウント乗っ取り被害に関して、今のところ、有効で、すぐにできる対策は、2段階認証なのですが、やり方が分からなかったり、面倒だから、などの理由で、利用率は少ない印象です。

調査時期が2014年と古かったり、調査機関の信用度など、どこまで信用できるか分からないデータですが、調べる限り、利用率は、まだ半数にも達してなさそうです。

引用元:ログイン認証に関する調査 – 調査結果 – NTTコム リサーチ
http://research.nttcoms.com/database/data/001870/

■「二段階認証システム」を利用したことある?
(R25スマホ情報局調べ・協力ファストアスク)
・利用したことがある 46.0%
・利用したことはない 38.7%
・わからない/覚えていない 15.3%

引用元:
利用者は半数以下?二段階認証サービス一覧表 | STANDBY
http://www.standby-media.jp/news/154390

そんな利用率の少ない現状を打破したい!なんて、ちょっと思いつつ、乗っ取り被害が減ることを願ってます!

SNS アカウントの乗っ取り被害とは?

SNS アカウントの乗っ取り被害とは、ざっくりと説明すると、他人(第三者)が、Facebook や Twitter、LineなどのSNSのアカウントとパスワードを盗み、当人になりすまし、該当するアカウントでログインして、勝手に投稿したり、友人や家族などに、金銭の支払等を要求したりする行為のことです。

さらに詳しい情報を知りたい場合は、以下のサイトなどを参考にしてくださいね。
ここでは、Facebook における2段階認証の設定方法にフォーカスします。

(参考情報)

LINE乗っ取りの手口と被害に遭った時の対処法、被害に遭わない対策まとめ(Norton Blog by Symantec)
https://japan.norton.com/line-hacking-7986

セキュリティ情報 – アカウント乗っ取りってどんなトラブル?(ZAQ セキュリティ情報 by Jupiter Telecommunications)
http://support.zaq.ne.jp/security/account_safety_pass/02/index.html

乗っ取り被害への対策とは?

シンプルにいえば、2段階認証の設定をすれば、現在のところ、おおかた有効な対策となります。

この記事では、プライベートでも、仕事でも、使う人が多い、Facebook の2段階認証に関して解説をします。

iOS(iPhone や iPad が対象) のユーザー向けです。

Facebook :2段階認証の設定方法

まず最初に、Facebook アプリを開きましょう。

右下の3本線のアイコンをタップします。

下にスクロールします。

「設定」メニューをタップします。

「アカウント設定」をタップします。

「セキュリティとログイン」をタップします。

下にスクロールします。

二段階認証を使用」のメニューをタップします。

二段階認証」にチェックを付けます。

「設定をスタート」ボタンをタップします。

電話番号が正しければ、「次へ」をタップします。

SMS のメッセージに送られたコードを確認します。

送信された確認コードを入力して、「次へ」をタップします。

今すぐ確認コードを入力する必要がなければ、「閉じる」ボタンをタップします。

これで、二段階認証の設定が、ひとまず完了しました。

さらに、「サードパーティー認証」の設定をして、別のコード生成アプリの設定をしましょう。

二段階認証のオン/オフ時に配信されるメール

二段階認証のオンにすると、以下のメールが配信されます。

二段階認証をオフにした場合は、以下のメールです。

サードパーティー認証の設定方法

「セキュリティとログイン」の画面で、「二段階認証を使用」のメニューをタップします。

「サードパーティー認証」のメニューをタップします。

このデバイスの欄で、「設定する」をタップします。

ここですでに、二段階認証アプリである、「Google Authenticator」がインストールされていると、以下の画面が表示されます。

「開く」をタップします。

※「Google Authenticator」がインストールされていなければ、以下のサイトよりインストールします。

Google Authenticatorを App Store で:
https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

Google 認証システム – Google Play の Android アプリ:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

「トークンの追加」画面で、「はい」をタップします。

Google Authenticator」アプリが開き、Facebook のメニューが追加されます。

一度タップすると、6桁の番号がコピーされます。

「サードパーティ コードジェネレーターアプリケーション」の画面で、①の欄に、6桁の番号を貼り付けて、「テスト」ボタンをタップします。

これで設定が完了しました。

セキュリティコードが無効な場合のメッセージ

セキュリティコードが無効な場合は、もう一度実行してください、とメッセージが表示されます。

Facebook のコードジェネレーター

サードパーティーの「Google Authenticator」アプリでなく、Facebook 純正のコード生成機能があります。

設定メニューの中で、「コードジェネレーター」のメニューをタップすると、6桁のコードを確認できます。

サードパーティーのコード生成アプリを使わない場合は、二段階認証の場合、こちらを使う仕組みです。

Facebook の二段階認証時の操作

実際に、二段階認証をするときの操作を確認してみます。

PC で、ブラウザを表示して、Facebook にログインします。

すると次への画面で、「二段階認証が必要です」の画面が表示されますので、ここで、Facebook の「コードジェネレーター」の機能か、サードパーティーアプリの「Google Authenticator」を使って取得した、6桁のコードを入力します。

「ブラウザーを保存」をしておけば、次回ログイン時に、確認コードの入力は不要になります。

まとめ

ちょっとした設定ですが、乗っ取り被害にあわないために、重要な設定になります。

やる気になれば、5分以内でできる設定なので、試してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)