【Microsoft Teams】(1)プレビュー版の初期設定、操作画面


引用元:MicrosoftTeamsチーム作成画面

引用元:MicrosoftTeamsのチーム作成画面

マイクロソフト社が、Slack等のビジネス向けチャットツールに対抗する、新しいサービスを発表しました。(米国時間:2016年11月2日)

サービス名は、Microsoft Teams

今回は、その初期設定や、操作画面について、解説していきます。

Microsoft Teams とは

Microsoft Teams は、Office 365 の新しいサービスの1つで、チャットベースグループコラボレーションツールです。

公式ブログを読む限り、プレビュー版が、181カ国18言語で、利用可能になっています。

日本でも使えますよ、日本語で(^^)

Microsoft Teams – グループ チャット ソフトウェア

公式ブログ:Introducing Microsoft Teams—the chat-based workspace in Office 365 – Office Blogs(英語)
https://blogs.office.com/2016/11/02/introducing-microsoft-teams-the-chat-based-workspace-in-office-365/

マイクロソフト社公式のプロモーション動画こちら(時間:2分7秒)

利用可能な Office 365 のプラン

Microsoft Teams は、Office 365 を利用していることが前提で、Office 365 のBusiness EssentialsBusiness Premium、それから、各Enterprise のプランに含まれています。

サポートするプラットフォーム

Windows、Mac、iOS、Android、Webブラウザ各種

Microsoft Teams 初期設定

次はいよいよ、Microsoft Teams の初期設定です。

といっても、拍子抜けするほど、簡単(^^)

Office 365 のAdmin Center(管理者センター)にアクセスします。

microsoftteams00

左のナビゲーションメニューから、[設定] -[アプリ]もしくは[Services & Add Ins] にアクセス

microsoftteams01

「Microsoft Teams」をクリック

microsoftteams02

「Microsoft Teams」のオフとオンを切り替えます。

microsoftteams03

「オン」にすると、「保存」ボタンが有効になるので、「保存」ボタンをクリックします。

microsoftteams04

「保存」が完了すると、設定が更新された旨のメッセージが表示されます。

microsoftteams11

Microsoft Teams の管理者向けの設定

管理者向けの各設定をみていきましょう。

全般

microsoftteams05

チームとチャンネル

microsoftteams06

通話と会議

microsoftteams07

メッセージング

microsoftteams08

タブ

microsoftteams09

ボット

microsoftteams10

Microsoft Teams の操作画面

今度は、利用者(ユーザー)側の操作画面を解説します。

以下のURLにアクセスしましょう。

チーム名を作成する画面になります。

※このとき、もしログインしていなければ、Office 365 のアカウントとパスワードで、ログインしてください。

microsoftteams14

例として、まず、会社全体のチームを作ります。

microsoftteams15

チームを選択します。

例えば、会社全体のチームならば、会社全体が入ったセキュリティ・グループや、配布リストを選択します。

チームの追加画面

画面は、個人を追加しています。

microsoftteams17

次のメンバーを追加

microsoftteams18

追加し終わったあとの画面です。

「完了」ボタンで終了です。

microsoftteams21

チーム画面

出来上がったチャットベースのチーム画面はこちら!

microsoftteams22

個人的にみて、パット見、いいですよ。

直感的に分かりやすいのは、なにより重要ですからね。

チャットの操作

チャットは、右下の方から開始します。

microsoftteams22-1

送られたチャットはこんなふうに表示されます。

microsoftteams23

「・・・」のアイコンをクリックすると、「削除」と「編集」のメニューが表示されます。

microsoftteams31

チャットの内容の「保存」はこちら

microsoftteams32

「いいね!」も押せます。

microsoftteams33

返信操作はこちら

microsoftteams34

microsoftteams35

左側のナビゲーションメニュー

上から順にご覧いただきます。

アクティビティ

まだアクティビティがない状態です。ご了承を(T_T)

(通知)

microsoftteams36

(最近使ったアイテム)

microsoftteams37

チャット

チームメンバーに送るのとは別に、個別にチャットをする機能もあります。

microsoftteams38

会議

会議の情報は、Office 365(Exchange Online)のスケジュール(予定表)と同期がされています。

microsoftteams39

ファイル

「ファイル」は、以下の3つのファイルが、今のところ確認できます。

  • Exchange Online のグループ
  • Microsoft Teams
  • OneDrive

今後の個人的な予想としては、他社の Dropbox や Box、Google Drive、iCluod などのオンラインストレージも連携できるようになるでしょう。(もうできるかも・・・)

microsoftteams40

Microsoft Teams デスクトップ・アプリ

Webブラウザ版以外に、デスクトップ・アプリのバージョンもあります。

Web ブラウザ版と、遜色ありません。

Web ブラウザ版の右上から、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

※画面は、Chrome の例です。

microsoftteams24

「保存」ボタンをクリック

microsoftteams25

実行ファイルをクリック

microsoftteams26

「実行」ボタンをクリック

microsoftteams27

インストール・プログラムが動作します。

microsoftteams28

ログイン画面が表示されれば、インストールは無事完了です。

microsoftteams29

まとめ

Microsoft Teams は、スマホ版のアプリもあり、様々なタブの追加、ボット機能、色々なWEBサービスとの連携もできて、期待ができます。

Slack 等のチャットベースのコラボレーションサービスが、ユーザー数が増えてるとはいえ、世界ですでに、数千万のユーザーを抱える、Office 365 ですぐに使えるとなれば、あっという間に、マーケットの状況を変えてしまう可能性は十分考えられます。

今後、シリーズ化して、記事を書いて行きますので、ご期待ください!

連載目次:Microsoft Teams のインストール、使い方、設定

  1. 【Microsoft Teams】(1)プレビュー版の初期設定、操作画面
  2. 【Microsoft Teams】(2)アプリ版の操作、設定画面
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)