ブログやサイトの見た目やレイアウトの調整に便利な 『Shortcodes Ultimate』


Shortcodes Ultimate

4月中旬から、ほぼ毎日、WordPress と向き合っています。

WordPress をあまりご存知ない方向けに説明すると、ブログや、WEBサイトを作成したり、そのコンテンツを管理するのに便利なシステムです。

WordPress 日本語ローカルサイトブログ

確かに便利なんですが、機能が幅広くあって、それを覚えるのもなかなか大変だし、メニューを移動したり、記事を更新するときに、サクサク動いてくれないとか、いくつか不満はあるものの、代替のシステムが見つからない限り、今後も使い続けると思います。

WordPress は、HTML や CSS などの知識がなくても、「プラグイン」と呼ばれる、ツールをどんどん追加していくと、本当に色々な機能を強化できるんですよ。

それらのプラグインの中で、見た目や、レイアウトの調整に有用な「Shortcodes Ultimate」というプラグインを見つけたので、その機能と、使い方について、説明します。

実は、自社サイトをいま更新していて、このブラグインを使っているんです。

Google で検索すると、もう十分かな、というぐらい、ブログの記事が見つかるんですが、私なりに、分かりやすく理解できるようにまとめてみますね。

「Shortcodes Ultimate」とは

WEBサイトを制作するとき、内部の構造は、HTML、見た目は、CSS で記述するのが基本です。

CSS は、言語の中では、簡単な部類の1つですが、それでも、WEBサイトの制作を専門にしていない人からすれば、使いこなすのが、大変だし、時間がかかる、というのが、個人的な見解です。

「Shortcodes Ultimate」というプラグインを使えば、CSS の知識があまりなくても、結構高度なデザインができるようになります。

ページのレイアウトをするのが、すんごく、楽チンになるんですよ。

「Shortcodes Ultimate」のインストール

WordPress にアクセスして、プラグインを追加します。

Shortcodes Ultimate1

↑ プラグインの新規追加

Shortcodes Ultimate2

↑ 「Shortcodes Ultimate」の検索

Shortcodes Ultimate3

↑ インストールを実行

Shortcodes Ultimate4

↑ 「Shortcodes Ultimate」の有効化

Shortcodes Ultimate5

↑ プラグインの一覧で、「Shortcodes Ultimate」が有効化されているのを確認

「Shortcodes Ultimate」の機能

プラグインの一覧で、「Shortcodes Ultimate」の「例」というメニューに開くと、何ができるかが、動きも含めて分かります。

そのメニューからコードも取得できますよ。

1つ1つ、みていきましょう。

アコーディオン、スポイラ、異なるスタイル、アンカー

ShortcodesUltimate-sample1

↑ クリックすることで、開いたり、閉じたりするメニューなどを作れる機能です。

タブ、垂直タブ、タブアンカー

ShortcodesUltimate-sample2

↑ タブで切り替えできるパーツが作れます。

カラムレイアウト

ShortcodesUltimate-sample3

↑ ページのレイアウト調整に、バッチリ使えます。

メディア要素、YouTube、Vimeo、ScreenR、自己ホスト型動画、オーディオプレーヤー

ShortcodesUltimate-sample4

↑ Youtube などの動画の貼り付けに便利ですね。

アンリミテッドボタン

ShortcodesUltimate-sample5

↑ ボタンて、普通に作ろうと思うと結構手間かかるんですよ。見た目もイケてます。

アニメーション

ShortcodesUltimate-sample6

↑ 動きのある、レイアウト・パーツを作れますね。

「Shortcodes Ultimate」の使い方

大きく2つやり方があります。

ショートコードを挿入

投稿ページまたは、固定ページの新規作成画面より、「ショートコードの挿入」メニューから追加します。

ショートコード挿入1

↑ 「ショートコードを挿入」ボタンをクリック

ショートコード挿入2

↑ メニューから挿入したいものを選択

ShorcodesUltimate-タブ1

↑ 「ショートコードを挿入」ボタンをクリック

ShorcodesUltimate-タブ2

↑ 該当箇所を編集すれば、出来上がりです。

ショートコードの例より「コードを取得」

ショートコードの例のメニューから、「コードを取得」して、投稿ページまたは、固定ページの新規作成画面で、コードを利用します。

ShortcodesUltimate-コード挿入1

↑ ショートコードの例のメニューを開きます。

ShortcodesUltimate-コード挿入2

↑ 例のメニューで、一通り、動きを確認できますよ。

ShortcodesUltimate-コード挿入3

↑ 好みのコードを取得します。

ShortcodesUltimate-コード挿入4

↑ コードをすべてコピーして、同じく、投稿ページまたは、固定ページの新規作成画面で、コードを貼り付けします。

編集したいコンテンツの箇所を編集して、完了です。

ショートコードの例

アコーディオン

Spoiler title
Spoiler title
Spoiler title

タブ切り替えパーツ

Title 1Title 2Title 3
コンテンツ 1
コンテンツ 2
コンテンツ 3

1/3 + 1/3 + 1/3 カラム

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis quam nibh, euismod eget nulla a, tempor scelerisque lorem. Proin dignissim arcu tristique fermentum ullamcorper. Integer lacinia scelerisque enim eu pretium. Nam elementum turpis orci, ac porttitor diam suscipit sit amet.
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis quam nibh, euismod eget nulla a, tempor scelerisque lorem. Proin dignissim arcu tristique fermentum ullamcorper. Integer lacinia scelerisque enim eu pretium. Nam elementum turpis orci, ac porttitor diam suscipit sit amet.
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Duis quam nibh, euismod eget nulla a, tempor scelerisque lorem. Proin dignissim arcu tristique fermentum ullamcorper. Integer lacinia scelerisque enim eu pretium. Nam elementum turpis orci, ac porttitor diam suscipit sit amet.

ボタン

Click me Click me Click me Click me Click me Click me

まとめ

どうです、簡単そうでしょ。

他にも、似たような機能を持った、『WP Canvas – Shortcodes』というプラグインもあるんですが、私が確認する限り、ウィジェットに貼り付けて、使えないんですよね。

A family of shortcodes to enhance your site functionality.

『Shortcodes Ultimate』はウィジェットでも使えるので、重宝しています。

ただいま、自社サイトのリニューアル真っ最中なので、このプラグインを多用するつもりです。

WordPress を使っていましたら、参考にしてくださいね!

The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)