【Windows】画面(ウィンドウ)切り替えショートカットキー


20年以上前?からある機能かもしれませんが、画面切り替えをするための ショートカットキーを取り上げてみます。

知っている人からすれば、いまさらそのショートカットキー!?と驚かれるのですが、知らない方のために。

画面(ウィンドウ)切り替え方法

普段、Windows で複数の画面(ウィンドウ)を開いて作業していると思いますが、画面(ウィンドウ)を切り替えるときどうやっていますか?

「タスクバーまでカーソルを移動させて画面を切り替える」

こういう方、意外に多い気がします。

正確な統計データは持ってないし、調べてないので、ざっくり「多い」という感覚知でご勘弁くださいm(__)m

画面(ウィンドウ)切り替えショートカットキー

画面(ウィンドウ)切り替えも、ショートカットキーがあります。

[Alt] キー + [Tab] キー

です。

この2つのキーを同時に押すと複数の画面 (ウィンドウ) が 表示されましたよね?

例えばこんな画面イメージで。

1回目に押した場合は、直前に開いていた画面に切り替えできます。

それに加えて・・・

画面(ウィンドウ)切り替えショートカットキーの応用1

2つのキーを指から離す前に、[Tab]キーだけを指から離してください。

[Alt] キーは押したままですよ。

そうすると、複数の画面 (ウィンドウ) が表示されたままになりますよね。

その状態で、[Tab]キーをポンポンと押していけば、直前に開いていた画面 (ウィンドウ) の右横の画面 (ウィンドウ) に順番に移動できます。

こうすれば、切り替えたい画面 (ウィンドウ) に移動できますよね。

何回も繰り返すのが、面倒に感じる場合は 以下のやり方がいいでしょう。

画面(ウィンドウ)切り替えショートカットキーの応用2

  1. まず、[Alt] キー + [Tab] キーを同時に押します。
  2. [Tab]キーだけを離します。[Alt] キーは押したままです
  3. [Alt] キーは押した状態でカーソルで切り替えたい画面 (ウィンドウ) を選択すれば切り替えできます。

簡単ですよね。

ただ、身体に染み込ませるには、何度も使う必要があります。

これも作業効率化の技の1つです。

試してみてくださいね~(・∀・)

余談:このショートカットキーを多用しまくる職種

余談ですけど、コールセンターで働いている方や、電話専門で営業している方(インサイドセールス)、あるいは、プログラマーは、今回紹介したショートカットキーを、間違いなく、多用しています。

これらの職種は、めちゃくちゃ、急がしく、操作しないと、業務効率に激しく影響するから、言ってみれば使わざるおえないのです。

例えば、電話しながら、入力して、調べ物して、そりゃあ、慌ただしいのですよ。

ホント、言い過ぎでなく、職人技が要求されます。

実際に、目の当たりにすると、その切り替えスピードと、正確さに驚きますよ(・・;)

私も、忘れもしない、23歳のときに、IT業界入りたてで、目の前の社内ヘルプデスクの先輩や、近くの席のプログラマーが、このショートカットキーを使って、目にも留まらぬ速さ(笑)で、操作しているのをみたときは、そりゃあ、驚きました。

やっぱり、プロは違う、と。

ホント間違いなく、この操作を自分のものにすれば、作業スピードが速くなるので、とにかく練習練習です。
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)