Intel AMT (4)PC: VNC でリモートコントロールする方法(Intel AMT 6.0編)


リモートコントロール
RonPorter / Pixabay
前回に続き、Intel AMT の初期設定をしたPCに、リモートから接続する方法について説明します。 Intel AMT 6.0編です。

今度は、VNCというツールを使って、PCをリモートコントロール(遠隔操作)をするのですが、ここの肝は、接続される側(ターゲット)のPCに、エージェントを入れていない、つまりエージェントレスで接続できるという点です。

一般的に、法人組織でエンドユーザーのPCをリモートコントロールするには、システム管理ツールと呼ばれる、クライアント用のエージェントツールを、各PCに事前にインストールしないといけないのですが、それを入れずに使うことができます。

接続先のPCは、

ThinkPad X1(Carbonでない): Intel AMT 6.0

です。

ではいきましょう!

VNC for Windows のインストール方法

まず、VNCを提供しているサイトにアクセスします。
Enable remote connections between computers by downloading VNC®.
VNC-intelam6-win01
↑ exe か zip のDownloadボタンをクリック

VNC-intelam6-win02
↑ チェックを入れて、Downloadボタン

VNC-intelam6-win03
↑ ダウンロードが始まります。

VNC-intelam6-win04
↑ ダウンロードしたインストーラーを実行

VNC-intelam6-win05
↑ Nextボタン

VNC-intelam6-win06
↑ 同意のチェックを入れて、Nextボタン

VNC-intelam6-win07
↑ VNC Viewrにチェックを入れて、Nextボタン

VNC-intelam6-win08
↑ Nextボタン

VNC-intelam6-win09
↑ Nextボタン。 ※VNC Viewrのショートカットをデスクトップに作成するならチェックを入れます。

VNC-intelam6-win10
↑ Installボタン

VNC-intelam6-win11
↑ インストール完了!

VNC for Windows でリモートコントロール(遠隔操作)する方法

では、インストールした、VNC Viewrを使って、実際にリモートコントロール(遠隔操作)します。

VNC-intelam6-win12
↑ VNC Viewrを開きます。

VNC-intelam6-win13
↑ VNC Server に接続先のIPアドレスを入れます。

有効なDNSサーバが事前にセットされているなら、ここは、コンピュータ名(ホスト名)でもいけるでしょう。

VNC-intelam6-win14
↑ Intel AMTの管理者パスワードを入れます。

VNC-intelam6-win15
↑ はい、接続先(ターゲット)のPCに接続できました。

VNC-intelam6-win16
↑ エージェントレスで、リモートコントロール可能です!

VNC-intelam6-win17
↑ Intel Management and Security StatusのIntel AMTタブを見ると、KVMリモートコントロール接続が、「接続」というステータスになっているのが確認できます。

VNC-intelam6-win18
↑ VNC Viewrの上部、真ん中あたりにカーソルを合わせると、メニューが表示されるので、接続を切ったり、全面にしたり、Ctrl + Alt + Delキーを送信したりできます。

VNC-intelam6-win19
↑ リモートコントロールされている接続先(ターゲット)のPCでは、右上部分に、遠隔操作されていることを示すアイコン、と画面の枠が、「赤枠」になるので、それで判別できます。

VNC for Mac のインストール方法

実は、Windows からだけでなく、Mac や Linux など、他のOSから、リモートコントロールすることもできます。

Windows と同様に、VNCのサイトから、インストーラーをダウンロードします。
Enable remote connections between computers by downloading VNC®.
VNC-Mac1
↑ Downloadボタンをクリック

VNC-Mac2
↑ 「続ける」ボタン

VNC-Mac3
↑ 「VNC Viewr」をチェックして続けます。

VNC-Mac4
↑ インストール・ボタン

VNC-Mac5
↑ 「閉じる」ボタン

VNC for Mac でリモートコントロール(遠隔操作)する方法

実際に、Macからリモートコントロールしますよ!

VNC-Mac6
↑ VNC Viewr を開いて、接続先(ターゲット)のPCのIPアドレスを入れて、Connectボタンをクリック

VNC-Mac7
↑ 管理者パスワードを入れて、OKボタン

VNC-Mac8
↑ 暗号化されていない、というメッセージが出ますが、ひとまず、気にせずに、Continueボタン

VNC-Mac9
↑ Macから、離れたところにある、WindowsのPCに接続できました! これもエージェントレスですよ。

まとめ

Intel AMT 6.0の初期設定をしたPCに、VNC Viewerを利用して、リモートコントロール(遠隔操作)する方法について、説明してきました。

法人利用ならば、システム管理者や、サポート部門で使えると、便利ですよね。

もう少しシリーズ続きます!

連載目次:Intel AMT を使って、リモートで PC を管理する方法

  1. Intel AMT (1)PC :リモートで情報取得、遠隔操作するための初期設定(Intel AMT 10編)
  2. Intel AMT (2)PC :リモートで情報取得、遠隔操作するための初期設定(Intel AMT 6.0編)
  3. Intel AMT (3)PC: BIOS を参照・変更する方法(Intel AMT 6.0編)
  4. Intel AMT (4)PC: VNC でリモートコントロールする方法(Intel AMT 6.0編)
  5. Intel AMT (5)PC: リモートから情報取得、遠隔操作する方法(Intel AMT 10編)
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)