【暗号化ソリューション】 Windows PC(パソコン)や Mac のデータを保護


PC Encryption
photo credit: Visual Content Data Security via photopin (license)

カフェや図書館、新幹線や飛行機での移動中、教育現場など、スマホ全盛とはいえ、プライベートや仕事で、Windows のPC(パソコン)や Mac を使う場面がありますよね。

スマホ以外のデバイス(情報処理用の機器)といえば、ノートPC、デスクトップPC、タブレットと大きく3種類が存在しています。

どの生産台数が多いと思いますか?

PC生産台数比較グラフ
引用元:平成26年版 情報通信白書のポイント(図表2-2-1-20 世界におけるPCの生産台数推移)

平成26年版の情報通信白書によれば、2013年時点で、タブレットが、ノートPCを上回っています。

モバイル(携帯)できるデバイスが、生産台数のシェア、8割ぐらい。

そのようなマシンに入っている、データの保護どうしてますかね?

デバイスが盗難にあったとき、紛失したときなどの情報漏えい対策、何から始められばいいのやら・・・

今回、データを保護するためのソリューションということで、暗号化ソリューションを取り上げます。

結構、ドキッとすることもあるかも??

ではいきましょう!

保護するデータの対象

データが保管されている対象は、いくつか種類があります。

  • ストレージ(ハードディスク、SSD)全体
  • ローカルにある、ファイルやフォルダ
  • クラウド上の仮想マシン
  • クラウド上のファイルやフォルダ
  • USBメモリやSDカードなど、外付けのストレージ

データが保管されている対象

大きく分けると5種類です。

守るべきデータが明確になりますよね。

このように分けると、それほど複雑でありませんし、対応するソフトウェアや、サービスがすでにありますから 、安心してくださいね!

保護する方法は?というと、データを暗号化します。

データを暗号化するとは、どんなことでしょうか?

暗号化ソリューションとは

データを暗号化することにより、そのデータを解読する、デジタルな鍵(キー)を持っていない限り、データに一切アクセスできません。

データの暗号化、復号化

そのため、データの暗号化は、極めて有効なセキュリティ対策になります。

対応する暗号化ソフトウェア・6選

上述した保護するデータの対象を、暗号化できる代表的な製品や機能をまとめました。

Mac OS 標準の File Vault は例外として、ディスクの暗号化も含んだ、暗号化ソフトウェア暗号化機能といえば、主にこれらです。

暗号化ソフトウェア業界は、買収や事業統合など、淘汰が進んで、意外にこの分野は、競合の数が少ないんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、サラッと要点を整理してみました。

もう少し時間が経過してから、加筆修正することを検討します!

The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)