Google Apps と Office 365 の管理画面を比べてみて・・・


geralt / Pixabay

(画面イメージが古い状態です。その点ご容赦ください)※2020年5月5日追記

国内だと、サイボウズも強いですが、グローバルだと、Google Apps と Office 365(マイクロソフト社) がグループウェアのカテゴリだと、いまや、二大巨塔だと個人的にとらえています。

Google Apps が勢いづく前は、IBM の Notes が、マイクロソフト社と並んで競合していましたが、いまは・・・

さて、今回のテーマは、Google Apps と Office 365 の管理画面比較!でいこうかと、管理画面を実際に見ながら、比べてみましたが、はっきりいって、単純に比較できる画面ではなかったので、画面ショットいろいろ貼り付けて、ちょこちょこコメントしてみました。

どちらでいくか、検討している方など、参考にしてみてくださいね。

※Office 365 の方は、新しい管理画面を例にしています。現在、古い管理画面との併用期間のようです。

Google Apps:
コラボレーションの効率化や生産性の向上に役立つ Google Workspace(旧 G Suite)のアプリをお試しください。あらゆる規模のビジネスで、安全にご利用いただけます。Gmail、ドライブ、Meet などが含まれています。
Office 365:
ビジネスに最適な Microsoft 365 は、Office アプリ、クラウド サービス、高度なセキュリティを組み合わせた一般法人向けの生産性向上クラウドです。Microsoft 365 Apps for business やビジネス向けの Microsoft 365 のプランと価格について説明しています。
↑ それぞれのサービスのリンクです。

Google Apps と Office 365 の管理画面トップ

全然、使い勝手が違う感覚ですね。

Google Apps の方が、だいぶシンプルな作りという印象を持ちます。

GoogleApps-Manage00
↑ Google Apps の管理画面トップ

Office365-Manage00
↑ Office 365 の管理画面トップ

Google Apps と Office 365 のメニュー

メニューも随分、違いますね。

Office 365 のほうが、明らかにメニュー数が多いです。

GoogleApps-Manage00-1
↑ Google Apps のナビゲーションメニュー

Office365-Manage01
↑ Office 365 のナビゲーションメニュー

サブメニューもあって、わんさかメニューがありますね。

Google Apps と Office 365 :それぞれの管理画面の例

Google Apps の方は、サブメニューがないので、メインメニューのページの画面ショットをそれぞれ、貼り付けています。

Office 365 の方は、ナビゲーションメニューから、サブメニューの一番上のページをそれぞれ貼り付けています。

Google Apps

GoogleApps-Manage01
↑ ユーザー

GoogleApps-Manage02
↑ 会社プロフィール

GoogleApps-Manage03
↑ お支払い

GoogleApps-Manage04
↑ レポート

GoogleApps-Manage05
↑ アプリ

GoogleApps-Manage06
↑ 端末管理

GoogleApps-Manage07
↑ セキュリティ

GoogleApps-Manage08
↑ サポート

GoogleApps-Manage09
↑ データの移行

Office 365

Office365-Manage02
↑ ユーザー: アクティブなユーザー

Office365-Manage03
↑ グループ: グループ

Office365-Manage04
↑ Resources: 会議室と備品

Office365-Manage05
↑ 課金情報: サブスクリプション

Office365-Manage06
↑ サポート: サポート

Office365-Manage07
↑ 設定: アプリ

Office365-Manage08
↑ レポート: 使用状況

Office365-Manage09
↑ 正常性: サービス正常性

まとめ

結局、Google Apps と Office 365 の管理画面からは、分かりやすく比較するのは、難しいですね。

当然ながら、それぞれに良さがあり、数十名以上のある程度の組織なら、機能や管理面以外に、コスト面からも、いろいろ比較検討しないといけないでしょう。

お付き合いのある、システムの販売パートナーや、システムインテグレーターが、何のグループウェアを得意としているか、というのも、こうしたグループウェアを検討するうえで、重要な要素になりますね。

どちらのサービスも、1名から登録・利用できて、試用版もありますので、ベタですが、まずは触ってみて、という感じですかね。
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール