Hangouts Plugin for Microsoft Outlook のインストール、設定、使い方


25451921904_750f25ab92_b (1)
photo credit: Google via photopin (license)

先日参加した、「Google Atmosphere Tokyo 2016」のイベント関連の情報が続きます。

前回の記事はこちら。

Google Apps Sync for Microsoft Outlook(GASMO) のインストール、設定、使い方
Google Apps のユーザーが使える、Microsoft Outlook 向けのプラグインツール、Google Apps Sync for Microsoft Outlook(GASMO)の設定手順をご案内します。

一般的なPCでビデオ会議するのも、いまや普通ですが、10年前考えると、通信速度の条件を満たすのが難しかったり、専用の機器や、マシンを揃えないといけなかったですし、大変でしたよね。

もう本当にいともかんたんにできます。

では、参考にしてくださいね~

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook とは

前回ご紹介した、GASMO のプラグインと同様に、Microsoft Outlook で使える、Google Apps ユーザー向けのプラグインです。

以下の説明にもありますが、Outlook の予定に、ビデオ会議のハングアウト名や、専用のURLが記載されるので、予定が来れば通知されて、スムーズに、Hangouts Plugin の機能を利用したビデオ会議ができるようになっています。

Google Apps for Work をご利用の場合は、Hangouts Plugin for Microsoft Outlook® を使用して、社内の他の Outlook ユーザーとのビデオハングアウトをスケジュールすることができます。

Google Apps for Work をご利用でない組織でも、会議向け Chrome 搭載端末があればこのプラグインを使用できます。プラグインによってビデオハングアウト名が Microsoft Outlook の予定に自動的に追加されるので、参加者は、リモコンを使って会議向け Chrome 搭載端末でこのビデオハングアウト名を入力し、会議に参加します。

GoogleHangout-for-Outlook01

引用元: Microsoft Outlook® の会議にビデオハングアウトを追加する – Google Apps 管理者 ヘルプ

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook のダウンロード

まずは、以下のURLより、Hangouts Plugin for Microsoft Outlook のダウンロードです。

GoogleHangout-for-Outlook00

↑ Google へのレポートを自動送信したくなければ、チェックをはずして、ダウンロードしましょう。

GoogleHangout-for-Outlook02

↑ 保存ボタンをクリックします。  ※Chrome ブラウザを利用していますので、ブラウザによって若干動きが異なります。

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook のインストール、設定

GoogleHangout-for-Outlook03

↑ ダウンロードした、インストーラーを実行します。

GoogleHangout-for-Outlook04

↑ 十数秒でインストールは完了します。

Hangouts Plugin for Microsoft Outlook の使い方

では早速、使い方です。

GoogleHangout-for-Outlook05

↑ Outlook を起動しますが、GASMO を設定したプロファイルを選んで、起動してくださいね。

GoogleHangout-for-Outlook06

↑ そうすると、リボンのユーザーインターフェイスに、「Hangouts」の項目が追加されています。

GoogleHangout-for-Outlook07

↑ 「新しいハングアウトを開始」をクリックします。

GoogleHangout-for-Outlook08

GoogleHangout-for-Outlook09

↑ ハングアウトの設定で、使用しているドメイン名を入れるぐらいで、OKします。

GoogleHangout-for-Outlook10

↑ 初めてだと、ウェブカメラをオンにするの許可するかどうか、質問されますので、「許可」ボタンをクリック

GoogleHangout-for-Outlook11

↑ これで、ノートPCの前面にカメラがあれば、自分の顔がドンと表示されます。

他のユーザーを招待

GoogleHangout-for-Outlook12

↑ 現在、1人しか参加していないので、ここから、他のユーザーを招待することもできます。

GoogleHangout-for-Outlook13

↑ 現在の構成では、組織内のユーザー限定です。

GoogleHangout-for-Outlook14

↑ 上部にある、「通話から退出」のボタンをクリックすれば、会議から抜けられます。

会議の予定で「ハングアウト」を追加

GoogleHangout-for-Outlook16

↑ Outlook のホーム画面から「ハングアウトを計画」ボタンを押します。

GoogleHangout-for-Outlook15

↑ すると、会議の予定に、ビデオハングアウト用のURL、ハングアウト名が追加されます。

上部のメニューから、新規の予定に、あとから、URLとハングアウト名を追加することも可能です。

会議の参加者は、このURLか、ハングアウト名を使って、ビデオ会議に参加できます。

まとめ

ハングアウトと同じような、ビデオ会議用のツールは、無数に出ていて、簡単ですし、リモートの拠点間でコミュニケーションを取るうえで、ものすごく便利なのですが、日本でいえば、中小の組織だと、感覚的に、そんなに普及していないのが現状だと思います。

日本の風土?歴史的背景?性格?、色々と考えてしまいますが、どうすれば、もっともっと利用が促進されるのでしょう。

ひとまず、私ができることでいえば、継続的に、啓蒙活動をしていくしかない気がするので、こうしたブログなどを通じて、情報発信していきます。

The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)