【Microsoft To-Do】(1)アプリ版 と Outlook の活用方法


Microsoft To Do アプリの画面ショット

マイクロソフトの To Do(やること)を管理できるツール?

正直いって、期待していなかったのですが、もうかれこれ半年ぐらい使ってますかね。

とーってもシンプルで、ほぼ毎日使ってます(^^)

Microsoft To-Do

ちょっと調べてみたら、元のアプリは「Wunderlist」で、マイクロソフトが買収したツールだそうな。

Microsoft To-Do とは

マイクロソフトの公式サイト:Microsoft To-Do へようこそ

※以下、サイトより引用した、ひとこと解説です。

To-Do を使用すると、仕事から遊びまで、毎日簡単に作業を完了することができます。

WEBブラウザ版もありますが、メインで使うのは、スマホのTo-Do アプリです。

移動中でも、サクサクっと操作できますからね。

Microsoft Outlook(Office 365 / Exchange Online)を私は仕事で使っているので、To-Do アプリ で追加した、To-Do が、Outlook のタスクに同期されるので、タスク管理が便利なんです。

一方で、Outlook で追加した To-Do(タスク)を、To-Do アプリに同期できない・・・。

なんでー?って思う仕様なんですが、仕方ありません。

さて、これから、To-Do アプリと Outlook を一緒に使うときの活用方法を解説していきますね~

Microsoft To-Do のインストール(iOS版)

iOS ユーザーなので、iOS 版のみご紹介しています。

Android ユーザーのみなさん、ごめんなさいm(_ _)m

iOS 版と大差ないと思うので、iOS版だから見なくてイイヤ~とならずに、ぜひ参考にしてくださいね!

あっ、Windows 用の To Do もありました。が、今回は、iOS 版です。

「App Store」のアプリから、「microsoft todo」と入力して検索します。

Microsoft To-Do」(以降、To-Do と略します)というアプリが、一番上位にヒットします。

評価高いですよね~★4つですもん。

画面は、「開く」となっていますが、そこと同じ箇所にある、「入手」ボタンをタップします。

インストールできましたか~?

アプリのインストールのリンクはこちらです。

iOS: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=842319
Android:https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=842318
Windows:https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=842320

To-Do アプリへのログイン

すでに、マイクロソフトの Outlook アプリでログインをしている状態であれば、リストに表示されます。

該当するものをタップしましょう。

もしアカウントを作ってなければ、新規で「Microsoft アカウント」と作ります。

To-Do の各画面の解説

今日の予定

今日の予定がバーンと表れます。

今日何しよかなあ?と、考えたらあまり深く考えず、サクッと、下部の「To Do の追加」でタップして、To-Do を追加します。

あとで簡単に修正できますから、思いついたら、一瞬の動作で追加するといいですね。

今度は、ナビゲーションメニューをみてみますね。

左上の横3本線のアイコンをタップします。

今は、「今日の予定」と「To-Do」のリストを使います。

To-Do リスト

「To-Do」メニューをタップすると、すでに追加したTo-Do のリストが並んでいますね。

新しいリスト

一旦メニューに戻って、新しいリストを作成したければ、「新しいリスト」から追加できます。

リストの名前は自由に付けられます。

To-Do の追加、項目

「To-Do の追加」をタップします。

項目の構成はご覧のとおりですね。

【項目】

  • タイトル
  • ステップの追加
  • ”今日の予定”に追加
  • 通知する
  • 期限日の追加
  • メモの追加

項目にある「ステップの追加」は、1つの To Do(タスク)に、複数のステップを追加できる機能です。

1つのタスクを終えるために、小項目でいくつかのステップが必要なこともありますもんね、

Microsoft Outlook のタスクとの同期

Office 365 や、Microsoft アカウントで、Microsoft Outlook を使っている場合は、この機能がすこぶるイイ!

To Do アプリで、「To-Do の追加」をすれば、Microsoft Outlook のタスクに反映されるんです。

画面右側がそのタスク表示した一部です。

ただし、Microsoft Outlook でタスクを追加した場合は、To Do アプリにも同期されません(2018/04/29時点)。

※To-Do アプリにあるタスクに対して、Outlook で、「完了」というアクションを取れば、そのステータスは、アプリにも反映されます。

そのうち機能が追加されることに期待ですね~

(参考)Outlook のタスクを To Do バーに表示する方法

Outlook で、トップ画面にタスクが表示されない!という方もいると思います。

初期設定では、表示されません。

その場合は、まず表示メニューを開きます。

表示メニューの中にある、「To Do バー」で、「タスク」を選択すれば、Outlook のトップ画面に常に、タスクを表示させることができます。

リストのオプション

右上の3つの点のアイコンをタップします。

リストのオプションが表示されます。

編集

リストが上に伸びて、リストを縦長により長く一覧できます。

並べ替え

次のような項目で並び替えができます。

  • アルファベット順
  • 期限日
  • 作成日
  • 完了済み
  • “今日の予定” に追加済み

テーマの変更

色は5つ、背景を6つ選べますね。(2018/04/27時点)

ズラーっと、画面ショットを貼り付けたので、変化を見てみてくださいね。

  • ブルー

  • オレンジ

  • パープル

  • グリーン

  • ライトブルー

完了済みの To Do を表示する

完了済みの To Do を表示するか、しないかのオプションです。

完了済みの To Do は、左側のアイコンが、丸い緑でチェックが付きます。

検索

ナビゲーションメニューで、虫メガネアイコンをタップします。

キーワードを入力して検索します。

キーワードに応じた検索結果が表示されます。

To-Do の設定

人&ユーザー名の部分をタップします。

設定項目はそれほどありませんね。

To Do アプリの設定画面トップ

ここで気になるのが、「今すぐインポートを開始」のメニューですが、これは、前身のアプリ「Wonderlist」を使っていた方向けに、「Wonderlist」にあるデータを、こちらのTo Do アプリに移行するための機能です。

「今すぐインポートを開始」のメニュー

ヘルプとフィードバックの項目

機能を提案する

プライバシーと Cookie

Microsoft ソフトウェア ライセンス条項

サードパーティ通知

iOS の To-Do の設定

iOS の設定で、To-Do を選択します。

アプリが沢山あると探すの大変です。

アルファベット順に並んでますよ。

アプリがたくさーん入っている方は、下の方に移動して、「T」のアルファベットのところで、見つけてくださいね。

iOS の設定における、To Do アプリの設定です。

4つの項目があります。

  • Siriと検索
  • 通知
  • Appのバックグラウンド更新
  • モバイルデータ通信

Siriと検索

通知

まとめ

なんといっても、スマホのアプリで、やることを思いついたときに、すぐに「To Do」を追加できるのがいいですね。

プライベートでなにか買おうとしていても、メモしてないと、買うものを忘れて帰宅しちゃった~なんてこと、たまにありますよね。

仕事やプライベート、両方で、「やること」「すること」のメモやちょっとした管理は、大事なので、どんなかなあ、って軽い気持ちで「To Do」アプリ使ってみてくださいね\(^o^)/

The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)