【Microsoft 365】試用版・取り消し(キャンセル)方法


Microsoft 365 Business Premium の試用版を試したあと、サブスクリプション(購読)を継続せずに、試用期間内に、取り消す(キャンセルする)方法を解説します。

(参考)Microsoft Office 365 の名称は、2020年4月22日に、Microsoft 365 に変更されました。
なぜ名前を Office 365 から Microsoft 365 に変更したのですか? 名前を変更したのは、個人と企業それぞれのニーズに合わせて、サブスクリプションに含まれる機能と利点の範囲をより適切に表現するためです。

公式サイト:Microsoft 365 とは
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/what-is-microsoft-365

Microsoft 365 試用版・取り消し(キャンセル)方法

まず、Microsoft 365 に管理者のアカウント※でログインします。

※試用版の申込時に最初に登録したアカウントです。

「Microsoft 365 ログイン」
Collaborate for free with online versions of Microsoft Word, PowerPoint, Excel, and OneNote. Save documents, spreadsheets, and presentations online, in OneDrive...
「管理」アイコンをクリックします。

管理ページにアクセス

左メニューの「課金情報」から「製品とサービス」を選択します。

「製品とサービス」のページで、画面にある [ 課金 ] セクションの「編集」リンクをクリックします。

または、[ 設定と操作 ]セクションで「サブスクリプションの取り消し」リンクをクリックします。

「製品とサービス」のページ

「定期請求の設定」画面で、「定期請求オフ」にチェックを入れて、「送信」ボタンをクリックします。

「定期請求の設定」画面

「サブスクリプションのキャンセル」画面で、「キャンセルする理由をお聞かせください。」の項目で、いずれかを選択すると「サブスクリプションの取り消し」ボタンが押せる状態になるのでクリックします。

「サブスクリプションのキャンセル」画面

「試用版は 20//** に無効になります」と表示されていれば、試用版の取り消し(キャンセル)は成功しています。

サブスクリプション(データ)を削除する方法

試用版(サブスクリプション)を取り消す(キャンセルする)だけでなく、なるべく早くデータとメールを削除したい場合は、サブスクリプションを削除します。

「製品とサービス」のページで、「削除」リンクをクリックします。

以下の内容を確認して、「私はこの操作の影響を理解しており、(以下、省略」の箇所にチェックを入れて、「サブスクリプションの削除」ボタンをクリックします。

「サブスクリプションの削除」画面

まとめ

試用版は、 試用期間内に、 手動で取り消し(キャンセル)しないと、サブスクリプション(購読)が自動的に開始されて、課金がスタートします。

例えば検証目的で、必要のない、契約をしないためにも、この取り消し(キャンセル)操作は大切なので、記事にしました。

参考になれば幸いです。

関連記事

  • 新型コロナウィルス対策によりMicrosoft 365 Business Premium 試用版 ・90日間に延長
「Microsoft Teams」を含む、Microsoft 365 Business Premium の試用版は、新型コロナウィ...
The following two tabs change content below.
ソニーの情報システム子会社で、5万人以上のユーザー向けの社内ヘルプデスクや、認証サーバ・メールサーバの運用を経験。その後、日本マイクロソフトや、レノボ・ジャパンで、大手法人営業のプリセールスSE を担い、ソフトウェアからハードウェアまで幅広い知識と経験を持つ。現在はIT企業、株式会社ワークスピーディーの代表取締役。 詳しくはこちら → プロフィール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)